開発者が推奨!イベルメクチンの正しい飲み方

【大村先生推奨】コロナ予防・対策のためのイベルメクチンの飲み方と服用量

コロナ対策としてのイベルメクチンの飲み方をまとめました。私が実践しているのは、北里大学の大村先生が推奨する飲み方です。
  1. 大村先生はイベルメクチンの開発者だから
  2. 大村先生は日本人だから

大村先生はイベルメクチンの開発者なので、当然ながら誰よりもイベルメクチンのことを熟知しているはずです。

それに日本人なので、日本人の体格や耐性に合わせた方法だと考えられます。

外国の偉い博士や団体が推奨する飲み方では(もしかしたら)日本人には量が多いってこともあるんじゃないかな?とちょっと心配でだったので。

予防目的と感染初期での飲み方

大村先生のイベルメクチン飲み方
イベルメクチンの投与法|博多インフェクションコントロールフォーラムより

大村智先生が2021.5.7日本感染症学会の講演で引用された方法
早期には0.2~0.4mg/kg1日1回5日間、遅れた時は0.4~0.6mg/kg1日1回5日間、予防内服では0.2mg/kg週1回
イベルメクチンの投与法|博多インフェクションコントロールフォーラム

これだけだとちょっと分かりにくいので、要点を書きまとめてみました。

コロナ感染予防のための飲み方

予防内服では、0.2mg/㎏を週1回ずつ

【例】自分の体重に0.2をかけたmgの量です。
⇒60㎏の人なら…60×0.2=12mg⇒イベルメクチン12mg錠を1錠

この量を1週間に1度服用することで、新型コロナウイルス感染への予防となるそうです。

\イベルメクチン12mg錠はこちら/
ユニドラのイベルメクチン

例えば50㎏の場合は10mgとなるので、ピッタリ飲むにはどうしたら良いのか?と心配な方へ。

あくまでも私個人の場合ですが、数mgであれば12mg錠をそのまま1錠飲んじゃっています。

気になる方は、ピルカッターや包丁などで分割して量を調整することも出来ますよ。

コロナ感染後の初期での飲み方

早期には0.2~0.4mg/㎏を1日1回×5日間

遅れた時は、0.4~0.6mg/㎏を1日1回×5日間

PCR検査で陽性と分かった場合、症状早期から服用することで悪化を防ぐそうです。

予防のときの飲み方と同じく、自分の体重に0.2~0.6をかけたmgの量です。

現在、コロナ陽性と分かったとしてもイベルメクチンを処方してくれる病院はほとんどないと思います。

自己責任と言われようとも、もしものときのために飲むべき量が分かっているのは安心ですよね。

イベルメクチンがコロナに効く理由

イベルメクチンは、もともとは寄生虫駆除薬として作られた薬ですが、今では新型コロナウイルスを含む多くのウイルスの増殖を阻害する「抗ウイルス効果」があるということが、最近の研究で明らかになっています。

ウイルスの増殖を抑える働きにより、イベルメクチンを飲むことで感染予防から重篤化・死亡率の低下まで、それぞれの段階すべてに大きな効果があるということでした。

副作用も少なく、また薬同士の飲み合わせによる問題もほぼないと言われており、人間にも動物にも長く使用されてきた、安全性の高い薬です。

より安全に服用を続けるために

最後に。私は医者でも薬剤師でも専門家でもありません。ここに書いてある内容は、主に国内外の情報をインターネットで調べて、自分なりにまとめたものです。情報源はなるべく権威のある公的な機関等から引用させてもらっていますが「自分たち家族がイベルメクチンを安全に使用するために」という理由で集めた情報であるということをご承知おきください。

コロナ対策としてのイベルメクチンの飲み方は、現在色々な見解が出ています。

大体は同じようなことが書かれてはいるのですが、飲む量や頻度が微妙に違ったりして、何を信じればいいのか分からなくなります。

そもそもその情報源が本当に正しいものかどうか?不安にもなってしまいます。

イベルメクチンの開発者が提案する飲み方であれば、私たち日本人の体格や耐性にも安全であると思います。

イベルメクチンはサプリメントではありません。あくまでも「薬」ですので、きちんとした服用方法を知ることが大切です。

\イベルメクチン12mg錠はこちら/
ユニドラのイベルメクチン1週間に1回1錠で出来るコロナ予防!